必須

継続コンサルを常時50社、コンサルティングだけで年商5,000万円越え、 5年で2,000回以上コンサルティングを行ってきたコンサルタントが、 その経験を結集し体系化したコンテンツをついに公開!

”契約が切れない”コンサルタントになり、コンサル型ビジネスをストック化する方法 ”契約が切れない”コンサルタントになり、コンサル型ビジネスをストック化する方法

中村仁 無料オンライン動画セミナー

きっと私と同じように、あなたもクライアントから「来月からは結構です」とコンサルティング契約を切られるのはショックでしょう。人に拒絶されるのは辛いですよね。

でも、現実として、我々コンサルタントは、毎日クライアントの成果に貢献できず契約を切られてしまうかわからない恐怖との戦いです。

といった悩みを抱えています。

しかし私は、これまで5年間で2,000件のコンサルティングをこなす中で、新しいコンサルティングスタイルを見つけました。

それは、ほとんどのコンサルタントが知らない、「クライアントとの契約が切れない」という新しいコンサルティングスタイルです。

これからその方法を紹介しようと思います。

2つのタイプの コンサルタント

コンサルタントには2種類あります。一つは”契約がすぐに切れる”コンサルタント。
もう一つは”契約が切れない”コンサルタントです。

クライアントより多くしゃべる。知識やノウハウを教え、アドバイスすることが仕事だと考えている。 行動しないのはクライアントのせいと思っている。コンサルティングの方法は我流。体系的に学んだことがない知識に頼っているので、ネタが尽きたらできることがないなど、

クライアントの状況を把握せずこちらがいいたいことだけ言い、「これをやってください」というスタイルで行うのが、”契約が切れる”コンサルタントです。

彼らは、朝起きて、「今日も憂鬱だな。何を言えばいいかな・・・」「アドバイスしてもまた動いてもらえないんだろうな・・・」「今月で契約最終月だ。更新できなかったら一から新規集客しないといけない。お金が・・・」

と憂鬱な気持ちでベッドから出るのです。

このタイプのコンサルタントは毎日、契約がなくなる恐怖、そして、また新規営業をしなくちゃいけないフロービジネスのデメリットと戦っています。

”契約が切れない”コンサルタントとは?

もうひとつのタイプが、「契約が切れないコンサルタント」です。
こっちのタイプのコンサルタントは、クライアントより多くしゃべることがないし、「知識だけ」アドバイスするのが仕事だと考えていません。

なぜなら、クライアントすら気づいていない声なき声を言語化し、真の課題の特定して解決策を明確にできるので、「ぜひ、続けて手伝ってください」と言われるからです。

コンサルタントは、型と着眼点を使ってクライアントの思考の整理し、クライアントが自立して動き出せるようサポーターとして支援して対応するだけです。

これはまるで、腕の良い医者と患者のような関係です。 腕の悪い医者は、中途半端な問診をして処方箋を出すため次第に信頼をなくしてしまいます。

一方で、腕の良い医者はしっかりと問診してクライアントの真の課題を特定すまでは、安易なアドバイスという名の処方箋を出すことはありません。

患者からも頼りにされ、全幅の信頼をおいてずっと通い続けてくれたり、人を紹介してくれたりします。クライアントはコンサルタントに「また来てくれた」と思うのです。
これが”契約が切れない”タイプのコンサルタントです。

彼らは、朝起きて、「あぁ、今日も自分を待っているクライアントがいる」と、コンサルタントとして誇らしく、充実した気持ちでベッドから出ます。

コンサルフィーがフローではなく、
毎月ストックされどんどん積み上がっていく

毎日、ウェルカムなクライアントだけと仕事ができるので、相手が本音を話してくれてより成果も出してもらいやすくなります。

契約が続くので、毎月1日になった際、「今月も○○円は収益がある」と、経済的に半ストック化でき、精神的にも安定するから本業であるクライアントの成果にフォーカスできるようになります。

”契約が切れない”コンサルタントのあり方が身につけば、高度なセールストークをマスターしたり、無理に売り込むことなく新規のクライアントからも仕事の依頼をもらえるようになります。

しかも、契約後に大きなトラブルもほとんどなくなります。

つまり、「楽しみながら、高収益が得られる」のが、この「契約が切れない」タイプのコンサルタントなのです。

どうすれば、「契約が切れない」
コンサルタントになれるのか?

これこそが、この無料動画「”契約が切れない”コンサルタントになり、コンサル型ビジネスをストック化する方法」でお伝えするメインのテーマです。

コンサルタントの商品タイプ

”契約が切れる”アドバイス型から、
”契約が切れない”「教えないコンサル型」へ

これこそが、この無料動画「”契約が切れない”コンサルタントになり、
コンサル型ビジネスをストック化する方法」でお伝えするメインのテーマです。これは・・・

相手を騙して、契約を続けてもらうようなものではありません。

高度なセールストークや心理テクニックが必要なわけでもありません。

この無料セミナーに参加することで、
あなたが得られるものは・・・

「教えないコンサル」を使えばコンサル業界トップ4% (年商3,000万円)に入ることが可能になる5つの理由

ほとんどのコンサルタントが、アドバイス型に終始してコンサルティング契約を切られてしまっています。そのため、あなたも彼ら社長さんの受け皿になれれば、いきなりトップ4%に踊り出すことも難しくありません。「教えないコンサル」には、それを可能にする5つのメリットがあるからです。

「情報提供型」コンサルタントと 「教えない」コンサルタントの契約期間・年収の違い

”契約が切れない”コンサルタントは、 教えないのになぜ契約がなくならないのか?

知識の提供やアドバイスをコンサルタントの仕事だと考えてきたあなたは、「本当に教えなくてもコンサルが成立するのか? それで顧客は満足するのか?」という疑問を感じているかもしれません。

「教えないコンサル」は、一部に見られる「自分で考えてください。以上」というコンサルタントのスタイルとは全く違います。それでも私のように長期契約率80%と、常時60社の顧客数が顧客満足度がもらえるのには理由があります。セミナーではその理由についてお話します。

なぜ、今「教えない」コンサルティングが 求められているのか?

納得の年間報酬や契約期間で仕事をもらえる コンサルタントは「教えない」コンサルをどう活用しているのか?

「実現できたらすごいけど、本当かよ?」もしかすると、あなたはこのように感じているかもしれません。当然だと思います。弊社クライアントがどのように活用し、成果を出しているのか?具体的事例をお話します。大丈夫。最初は彼らもあなたと同じで、アドバイスばかりして契約がつづかなかった人ばかりです。

年商3,000万を越えるコンサルタントが必ず身に付けている技術の全貌

年収が低いコンサルがやっているヘボなこと6選

クライアントの成果に貢献できず、契約が切られてしまうコンサルタントには、よくやってしまっている行動があります。私はあえて彼らを「ヘボ」と読んでいますが、あなたはヘボコンサルがやってしまう6つの事例を事前に知っておくことで、クライアントの信頼を損なわずに契約を更新してもらうことができるでしょう。


お客様の声

▼クリックして、もっと「お客様の声」をご覧ください(閉じたい時は再クリック)
メールアドレス

必須


※Yahoo、MSN(Hotmail)、携帯電話のメールアドレスでは登録できません。

講師プロフィール

中村 仁(なかむら ひとし)
中村仁

株式会社ビジネスコントロールパートナーズ 代表取締役
1980年生まれ。大阪府出身。大阪府八尾市在住。関西学院大学法学部卒。

インターネットの広告代理店で約4年間、リスティング広告やSEO、コピーライティングを中心としたコンサルティングを経験。
コンサルタントや士業、リサイクル業者、歯医者、ネイル・ホワイトニングサロンなど、これまでに約30業種、100社以上のプロモーションを担当。
その後、独立。

現在は、『9(ナイン)ポーション』という独自手法を使うことで、社長が年収3,000万を達成し、ビジネスだけでなく人生の コントロール感を得られるよう社外No.2の立場からサポートするコンサルティングを行っている。

2016年、ビジネスコントロールパートナー養成塾を開催し、納得の顧客数、顧客単価で仕事を受注し、長く継続してもらって 年収1,000万円を越えることをコンセプトに「やり方」と「あり方」をお伝えしている。

メルマガ、ブログ等で【マーケティング】【コピーライティング】【行動管理】【時間管理】【マインドセット】【お金】に関して役立つ情報を「ネット集客力養成講座」としてほぼ日刊で配信。

中村仁